ブログ

リステップからのお知らせや、ホームページを活用するためのお役立ち情報などをご案内。

ホームページに使う画像はJPEG?それともGIF?

Pocket

ホームページなら色々と画像を掲載できますよね。紙媒体と違って表示範囲に制限がないのでいくらでも画像を掲載できるというのもホームページの魅力です。

その画像ですが、パソコンの中で使用されている画像というのは様々な種類(形式)があり、ホームページで使えるもの・使えないものがあります。

今回はホームページで使える代表的な画像形式「JPEG」「GIF」について説明しますね。

 

JPEGの特徴

読み方は「ジェイペグ」と呼ばれています。

主に写真などの保存で使われ、デジカメで撮影した画像もだいたいはこの形式で、色の階調が多い画像に適しています。

 

GIFの特徴

読み方は「ジフ」と呼ばれています。「ギフ」と呼ばれることもありますが、GIF形式の設計者は「ジフ」が正しいと発言しています。

イラストやアイコンなど、色数が少ない画像に適しています。

なお、GIF形式の画像の圧縮の仕方は「横方向にどれだけ同じ色が続いているか?」ということを見ています。つまり縦縞の画像よりも横縞の画像の方が圧縮効率が高く、ファイルサイズがより小さくなる傾向があります。

 
 
ファイルサイズが小さい   ファイルサイズが大きい

 

JPEGとGIFの使い分け

では、ホームページで使用する画像はJPEGとGIFのどちらが良いのでしょうか?

一般的には前述した特徴通り、写真はJPEG、イラストはGIFという分け方で大丈夫です。ただし、イラストについてはグラデーションやドロップシャドウなどを使用していると色数が多くなってしまいますので、そのようなイラストの場合はJPEGにした方が良い時もあります。

迷った時は、JPEGとGIFの両方に変換して、よりファイルサイズが小さい方を使ってみてもいいですね。

 

余談ですが、画像のファイルサイズが小さいということは、そのホームページが表示されるまでの時間が短くなるということです。昨今はブロードバンドが普及したためファイルサイズを気にしない方も多いのですが、モバイル端末などではまだまだ通信速度が充分ではないため、ファイルサイズを意識することで訪問者の満足度を高めることができますよ。

Pocket